噛む弊害を解決|エラに悩んだらボトックス治療!洗練された小顔になれる

エラに悩んだらボトックス治療!洗練された小顔になれる

サイトメニュー

噛む弊害を解決

レディ

成分を流さないこと

日常的にガムを噛んだり噛み応えのあるものが好き、無意識に歯に力を入れていたりするなどで、エラが張ってしまっている人にはボトックス治療がおすすめです。噛む、という要因でできてしまうエラは筋肉が発達して発生するもので、筋肉を小さくするボトックス治療はエラの除去にうってつけの治療法です。エラが張ると顔の下半分の面積が広がり、顔が大きく見えてしまいます。容姿をよく見せるためには、顔が大きいのは致命的です。そこで、エラ部分の筋肉にボトックス注射を施し、筋肉の発達を抑えるとともに力が入りにくくします。すると、使われない筋肉はどんどん痩せて縮んで小さくなっていき、アゴ周りがシュッとしてスマートになれるのです。シャープなアゴは小顔効果があります。実際輪郭が変わっただけのようなのですが、周囲から見るとその印象の変化は大きな変化です。ただし、効果が出始めるのに時間がかかるため、即効性を求める場合はボトックス治療は向かないかもしれません。逆に、小顔整形したことを周囲に気付かれたくない人にとっては、この治療方法はぴったりです。ゆっくり自然にアゴが痩せていくので、いつのまにか顔が小さく綺麗になっていた、という流れで変わることができます。ボトックス治療は、筋肉の働きを抑える効果があります。そのため、治療後しばらくは施術部位への取り扱いに注意が必要です。ボトックス治療は注射によって特殊なタンパク質を筋肉に注入し、その部分に力が入らないよう脳からの指令をシャットアウトする仕組みです。それにより、筋肉質のエラは使われなくなり、衰えて縮んでいきます。ここで注入するタンパク質は効果の現れ方を逆算して量が調整されています。そのため、成分が別の場所へ流れたり、拡散されてしまったりしないよう、極力刺激を与えないように過ごさなければなりません。例えば、施術後数時間は食事を控えたほうが良いでしょう。もしくは、できるだけ噛まずに食べられるもの、柔らかいものを取るようにしたほうが無難です。噛みすぎるとエラに注入された成分が散らばり、別の表情筋へ作用してしまうかもしれません。また、飲酒やサウナ、運動など体温の上昇を招く行動も避けたほうがいいです。体温が上がることで血行がよくなり、成分が流れてしまう可能性があります。また、身体を横にしてしまうと重力で流れてしまうかもしれません。治療後しばらくは動かず安静にできるよう、事前に当日のスケジュール管理をしておくのがおすすめです。