>

仏教の宗派によるお葬式のルールの違いと日本特有の葬式仏教

仏教の宗派とお葬式のルール

基本的に仏教は小乗仏教とされる悟りを開くことを教義とした仏教と、大衆の救済を教義とした大乗仏教に大別され、両者は根本的な教義の違いから、同じ宗教でありながらも儀礼等に対する考え方にも違いがあり、ひとまとめに仏教と捉えて混同すると葬儀のような場面で作法の違いで故人やご遺族に十分に哀悼の念を示すことができないのです。

日本で最もお葬式に際して採用される仏教式のお葬式は、同じく大乗仏教の流れをくむ仏教式なので、度々混同されがちですが、日本の仏教の宗派間の作法の違いは、お焼香とお線香の作法に違いがあり、お焼香の作法やお線香の本数の違いだけでも知っていれば対応できるため、宗派によるお葬式のルールの違いは知っておいて損は無いでしょう。

日本の仏教が葬式仏教と称される理由

仏教に対する造詣の深い方であればご存じのことかも知れませんが、仏教はその始まりから悟りを開くことを至上目的とする小乗仏教に由来するため、死者の葬儀に対するルールは重視されておらず、衆生の救済を掲げた大乗仏教にあってもそれは変わることなく、少なくとも日本に大乗仏教が伝来した当初、仏教において死者の葬儀に対するルールに厳しい規定はありませんでした。

これが変じたのは、江戸時代に寺院による葬送儀礼や供養儀礼の独占を認めた檀家制度が生まれたことにあり、江戸幕府による国策としてのキリスト教の禁止令を促進する狙いもあって、各家に寺院への帰属を促すことで、葬式を仏教式で行う土壌を生み出しましたが、なまじ葬送と供養を一任したために、仏教への帰属意識に関係なく仏教式でお葬式を行うことが当たり前になりすぎてしまい、現在では、日本の仏教は葬送と供養に特化した葬式仏教であると指摘されています。


この記事をシェアする